2003年6月25日号 隔月発行
      
回の 主 な 記 事

第30回通常総会を開催 不況の克服を誓う
 


15年度事業計画(要旨)・14年度事業報告(要旨)  
                                  

ットライン21 私の健康法   野口起與志 (株)アミロン代表取締役

コーナー(資格関連情報)


第30回通常総会を開催
不況の克服を誓う  
 
 三装協は5月26日、第30回通常総会を秩父赤谷温泉・小鹿荘で開き、平成15年度の事業計画など全議案を可決承認した。総会終了後には懇親会も開かれ、厳しい経済環境のなかで一致団結して“前進"することを誓った。なお、15年度事業計画並びに14年度事業報告は2・3面に掲載した。
 
 第30回通常総会は、定刻の午後4時に始まった。挨拶にたった古畑理事長は「本年も相当厳しい長は「本年も相当厳しい環境が続くと思いますが、私どもインテリア業界には、リフォーム市場や高齢者、身障者住宅、建築基準法改正、改正医療法等に伴うニーズがあり、健康.安全.快適.いやしなど新たなコンセプトを求める市場があります。
 また、本年は創立30周年節目に当たり、周年記事業の成功を期すため組合員の皆様のご協力が
不可欠です。景気の低迷と難しいときですが協同組合の精神に基づき組合員の相互の理解と、賛助会員のご協力をいただき、共に考え、知恵を出し合い運営していきたいと思います。」と語った。
 次いで議長に古畑理事長を選出し、議案の審議に入り次の全八議案を可決承認した。
第一号議案(平成14年度決算関係書類の承認)、
第二号議案(同15年度事業計画.収支予算など)
第三号議案(借入金額の最高限度額)
第四号議案((組合員に対する貸付金額の最高限度額)、
第五号議案(手数料及び貸付利息の最高限度額)
第六号議案(役員報酬)
第七号議案(加入金額)
第八号議案(加入・脱退承認)。
 承認された事業計画では、重点事業として@会員増強と組織の強化、A後継者の支援と人材育成、Bシツクハウス対策と健康・安全住宅の推進、C福利厚生事業の推進、D広報活動の充実の四項目が決まった。         
 総会終了後賛助会員を交えての懇親会を開催。盃を交わしながら和やかに懇談の花が咲き、ゴルフゲームや鞄高・渡辺社長の日舞も披露され、日頃の疲れを癒すに十分な雰囲気の中で会は進行した。
定例三役会を開き記念事業など審議
 三装協は6月6日、総会終了後初の三役会を組合事務所で開き、創立記念事業などについて審議した。主な審議内容は次の通り。
創立記念事業=記念式典の日程については、平成16年1月22日に京王プラザホテル八王子で行うことを内定した。
組織拡大=組合組織の拡大について審議し、当面の間、ブロック会を積極的に開催し、各ブロックで独自に組合員の増強など組織の拡大を図ることとした。
夏期移動理事会の開催=8月31日〜9月1日、山梨県桃の木温泉での開催を決定した。
員外利用者脱退=(株)キタジマの脱退を了承
数上層階の収支報告=同総会並びに懇親会の収支報告を了承した。
 

15年度事業計画(要旨)
 
(基本方針)
 当三装協は、組合員の相互扶助精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な活動を促進し、かつその経済的地位の向上をはかることを目的とする。
 政府は国内総生産(GDP))発表で景気停滞色を裏付けたと発表した。成長鈍化の次第の要因は輸出の減速に加えSARSの影響等で最近の株安、円安で足元の景気状況は一段と厳しくなっている。
 当三装協関連の建設産業を取り巻く環境は長引く不況の影響から企業業績や設備投資の低迷、公共事業の減少が続くなか、米国経済に対する不安などから景気の先行き不透明感は拭えず依然として厳しい状況が続くものと考えられます。
 このような外部環境下で今年はインテリア業界に直接関係する「シックハウス症候群」にこたえる形で国土交通省は建築基準法を改正してシックハウス対策に関わる規定を創設。今年7月1日から施工することになりました。エンドユーザー、発注者の健康・安全に対する関心がより強まることと思います。同法の改正によって「責任施工」がこれまで以上に問われることとなり、組合員の皆様には大きなメリットをもたらすことは確実です。
 本年度は当組合が誕生して丸30年、創立30周年を迎えます。組合員の皆様に利用していただける記念誌を目指して準備中です。30周年の節目にふさわしい諸事業を実施いたします。
総務委員会=総会、理事会、会議の円滑な運営と議事録作成、予算決議に関する事項当 を推進します。
事業委員会=30周年記念を冠に建築基準法改正に伴うシックハウス対策事業を中心に 推進します。
福利厚生委員=三装協労働保険事務組合、東京都火災共済の総合火災共済契約、関東自 動車共済の自動車共済保険、三装協工事保険、日装連共済保険等の加入促進キャンペー ン実施。
組織委員会=会員増強は、組合組織発展に課せられた使命であり、組織委員長を核心に ブロックの特性を踏まえて、ブロック会の力を結集し、増強活動に邁進する。さらにシ ックハウス対策講習会を通じて組合員増強と組織の充実と強化を目指す。
.▽教育情報委員会=三装協ニュース発行に伴う情報の収集、編集、発行等さらなる紙面 の充実に努める。
財務委員会=会計、経理等の事項を正確に、適正な運営と組合財政基盤の強化を図る。
共同受注委員会=共同受注に関する事項、共同で行う販売、施工、加工、保管等に関す る事業を推進する。
 本年も相当厳しい環境が続くと思いますが、私どもインテリア業界には、リフォーム市場や高齢者、身障者住宅、建築基準法改正、消防法の改正、改正医療法等に伴う二ーズがあり、健康・安全・快適・いやしなど新たなコンセプトを求める市場があります。特に本年は創立30周年の節目に当たり、周年記念事業の成功を期すため組合員の皆様のご協カが不可欠です。景気の低迷と難しいときですが協同組合の精神に基づき組合員の相互の理解と、賛助会員のご協力をいただき、共に考え、知恵を出し合い運営していきたいと思います。従って、本年の事業計画は次の事業に重点をおき実施する方針です。
                          

(重点事業)
@会員増強と組織の強化
A後継者の支援と人材育成
Bシックハウス対策と健康・安全住宅の推進
C福利厚生事業の推進
D広報活動の充実
(実施事業)
共同受注に関する事業=共同購買によって、組合員に内装工事用資材の有効な選択肢の 向上が図られ、同時に施工技術の向上と、施工費の節約が得られる。
共同購入に関する事業
 @カーペット用副資材の共同購買、Aカーテン用副資材の共同購買、B壁装用副資材の 共同購買、C販売促進用品の共同購買。
防炎ラベルに関する事業=防炎ラベルを共同事業として日装連より一括交付を受けて、 組合員に交付し、組合員及び三装協管内の室内装飾業者の施工管理に係わる室内装飾の 防炎安全対策の向上を図る。
事務代行=公的機関に組合員が許可申請する場合の代行事務を行うことによる手数料収 入を得る事業
販売斡旋に関する事業=協同組合が共同で室内装飾品の販売を行う。
資金貸付に関する事業=組合員に対する事業資金の貸付。
その他=(保険等斡旋事業、内装士研修事業、壁装講習会事業、組織の拡大強化、共同宣伝に関する事業、機関紙に関する事業、教育情報に関する事業、福祉共済保険事業など)
 

14年度事業報告(要旨)

 平成14年度における社会環境は、長引不況の影響から企業業績や設備投資の低迷が続き、依然厳しい状況でありました。また、完全失業率は高水準で推移し、雇用、所得税の悪化から個人消費も低迷が続き、景気は低調に推移しました。
 当三装協関連の建設業会においては、首都圏を中心とする大型物件の着工があるものの、公共事業の減少など厳しい状況が続いております、また、住宅業界においても住宅取得意欲の低迷等により、住宅着工は低調に推移しました。
 このような状況の中、インテリア業界もゼネコン、住宅メーカー等の新築を対象とした内装仕上工事は厳しい競争と指値受注等で厳しい状況が続いております。前売志向の専門店は消費者の購入意識の変化、大型量販店のインテリア商品の充実等で年々厳しい状況下でカーテン尊門店等新しい芽が定着しつつあります。また、新築依存からインテリアリフォームヘ、リフォーム専門店へと業態変化が更に加速しております。
 三装協として、組合員の皆様が新しい競争の時代を乗り切るために、東京都中央会、日装連のご指導と賛助会員のご協力により、事業を推進することが出来ました。
 以下、重点項目の概要について報告いたします。
                           
組織の充実と拡大強化
  組織委員会が任に当たり、会員増強に努力し4社を加入促進いたしました。しかし諸 般の事情で5社の脱退を余儀なくされましたことは誠に遺憾でありました。
後継者の支援と人材育成
  事業委員会、総務委員会が任に当たり、東京都中央会の組合自主研修事業の補助金に より、@建築・室内環境についての研修会、A商品知識の習得としてメーカー工場見学 会、B経営、発想の転換の講演会を実施し、これからの住環境におけるユニバーサルデ ザインの考え方や、商品知識を消費者に確実、正確な情報の提供が可能となるよう事業 所の見学、また、事業経営に発想の転換を取り入れ新たな事業展開を図る意図として「気 学の世界」と題して講演会を開催し、好評を博しました。
健康・安全住宅の推進
  事業委員会が住まいの健康&安全住宅研究会の協力により、室内環境に留意した自然 素材である珪藻土建材の活用を有効的に図り、消費者に安心と健康を届けるよう努力い たしました。また、ホルムアルデヒド等化学物質による健康被害が問題となっている現 状に対しては、関係機関とも協議し、情報の提供に務めました。
情報の収集と発信
  情報委員会が任に当たり、三装協ニュース発行計画に基づき情報の収集と発信を推進 いたしました。発行にあたっては、その都度委員会を開催し意見交換をしながら組合員 の二ーズに対応した情報、所管の国交省、産業省からの通達、組合活動の状況と報告、 組合員、賛助会員紹介などを掲載し「親しまれ、読まれる三装協ニュース」を目指して 編集にあたりました。特に、コラム「ホットライン21」、資格関連情報、リフォーム 情報など好評でした。新年度は編集スタッフ一同更に内容充実に努力していきたいと思 っております。また、「三装協ニュース広告」掲載にご協力下さいました賛助会員の皆 様とご寄稿をいただいた方々、編集スタッフの皆様に対し心からお礼申し上げます。
 以上、重点項目を中心に報告いたしました。各委員会、役員、組合員の皆様方のご理解、ご協力で概ね所期の目的は達成出来たと思います。
 また、14年度は壁装施工管理者証の3年ごとの更新による講習会他、建築基準法改正による新規登録者の講習会を含めて4回開催し、壁装施工の重要性と意義を説き十分な成果が上がりました。
 平成15年度も適宜、ブロック会、委員会、役昌会を開催しながら、時代に遅れることなく、組合員の二ーズに応えた事業を実施して参りたいと考えております。今後とも各位のご協力をお願いして概要報告といたします。


 私の健康法
                             
             野口起興志  (株)アミロン代表取締役
 六月の始めに古希を迎えた私は、とくに意識することもなく続けている二つの山歩きがある。
 一つは高尾山内八十八大師巡礼である。甥が先達を務める関係で気軽に加わりもう四年目になる。
 春二回、秋二回行われ、八十二歳のおばあちゃんが元気に登る。毎回四十人くらい参加し、人の出会いやその折々の気候が素晴らしい。四国遍路に行けない人のために百年前に創られたとのこと。宿坊で玄米五穀飯をいただき、また山を下るのである。
 もう一つは主治医である森下博士が二年前から始めた高尾山俳句イングである。こちらは春秋二回あり、六十名が参加する。
 大半が癌や重病から森下先生に救われた方々で嬉々として登る。俳句を作りながら自然の気を身体に取り込むのである。高尾山薬王院で、先生の指導のもと、精進料理に取り入れた玄米五穀飯を食べて、俳句の講議を聴き、山を下りる。私は全て欠かさず参加しているおかげで、薬は一切身体に入れないで息災に過ごしております。
 
 老鶯の鳴き叫びたる 俳句イング (楽水))



  
                               
○ 資格関連情報 
 
インテリアコーディネーター
 インテリア産業協会が発表した「インテリアコーディネーター試験」の実施概要は次の通りです。
 申し込み受付・・・8月1日〜21日
 試験日・・・・・・1次(10月13日) 2次(12月14日)
 試験地・・・・・・東京他
 受験料・・・・・・1次(1,5000円) 1次と2次合計(13,650円)
詳細については、インテリア産業協会
 (東京都新宿区新宿3-13-5 クリハシビル,電話 03−5379−0021)
 
インテリアプランナー
 (有)建築技術教育普及センターが発表した「インテリアプランナー試験」の実施概要は以下の通りです。
 受験資格・・・・・平成15年4月1日現在、22歳以上(1次試験)
 試験日時・・・・・1次試験(10月下旬)
 試験地・・・・・・東京他
 受験申込受付・・・6月下旬〜7月上旬
受験申込書の販売や詳細問合せなどは、建築技術教育普及センター
(東京都港区赤坂6-11-1 電話 03−3505−1831)
 
お祝い

 金子俊幸理事((株)美装代表取締役が、技能検定委員功労者として、5月21日東京都職業能力開発協会会長表彰を受けました。


イベント

リフォームに関する最新製品・情報を満載した「住宅リフォームフェア」が開催されます。
日時…7月18〜19日 午前10時〜午後5時
場所…東京ビッグサイト(西3・4ホール)