2004年9月25日号 隔月発行
      
今回の 主 な 記 事

役員会を開催 新規講習など決定
研修事業活性化
即戦力の期待 熟年修了生を斡旋

 役員会を開催 

新規講習会など決定
  

 三装協は5月の通常総会で新しい体制となった。それにともなっての研修会や恒例の夏期移動理事会などを開催。組合員の期待に応える事業展開を積極的に進めている。


役員研修会

  7月4日には石和温泉「京水荘」で役員研修会(自己負担)を開催した。
 同研修会は5月の通常総会で新役員が選任されたことにともなうもので、中小企業等事業協同組合法などを理解し、適正な組合運営に資することが目的。
 小田副理事長(総務委員長)が講師となり、テキストにより各条文を解読し、組合定款との関連をチェックしながら具体的な質疑応答も行われ、充実した内容となった。
 研修終了後は、親睦会が開かれ、各種の情報交換を行うとともに懇親を深めることができた。

夏期移動理事会

  恒例となった夏期移動理事会は、8月22日、山梨県の「岩下温泉旅館」で開催された。
 毎年夏の暑い時期は都会を離れて、心身を癒すとともに交流を深める目的で、会費制により一泊しながら理事会を開いている。
 5時からの会議には理事13名が出席。@各委員会・ブロック会報告、A組織拡大、B研修会・講習会事業などを審議した。主な審議内容は次の通り。
▽ブロック会報告=三鷹ブロック会、八王子ブロック会の報告を了承、▽組織拡大=新規加入組合員、同賛助会員各1社を承認、▽講習会事業=壁装講習会(9月9日)火災警報機関連講習会(9月24日)の開催を決定、▽その他=ラベル価格(非組合員)、研修会など収支報告などを承認した。終了後懇親会を開いた。

ブロック会

 三鷹ブロック会が7月27日、府中市商工会館で開かれ7名が出席。会議では資格取得に関する研修会の開催が希望されるなど有意義な内容となった。
 八王子ブロック会の開催は7月29日、八王子ブロックエルシーに8名が集まり、ブロック会の意義、組合への要望、各種情報交換などを協議した。



研修事業活性化

◇リフォームの塗装研修と壁装講習会に受講者集う
 
◇リフォーム塗装研修会

 7月12日午後7時から国立市「さんせいホール」で「リフォームの塗装」と題する研修会が開かれた。講師は船戸 學・三装協副理事長(船戸建装社長、職業能力開発総合大学校東京校非常勤講師)
 研修会ではまず、塗装に関するペーパーテストが行われ、続いてリフォームの中での塗装の役割や塗装の目的などを講義。さらに塗料、道具、色相などについて事例を交えた分かりやすい講義となった。現場サイドからの鋭い質問も飛び出し、熱の入った研修となった。

◇壁装講習会
 9月9日国立市「さんせいホール」で午後7時30分から開催し、21名が受講した。
 テキスト「防火壁装の知識」により、建築基準法による内装制限や消防法、施行基準、シックハウスなどの講義内容。新しく登録されたラベル会員や他組合員も受講した。講師は小田、渡邉両副理事長が担当した。
 
即戦力の期待 熟年修了生を斡旋  都立高年齢者技術専門校

 都立高年齢者技術専門校は、インテリアリフォーム科の修了生を、三装協組合員などインテリア事業所に斡旋している。なお、小田副理事長が同校の講師を務めている。
 修了生は半年にわたって実践的な訓練を受けているほか積算・営業に関する授業も受けている。同校では「熟年者ならではの丁寧な対応と経験が顧客満足につながり、事業主の良きアシスタントになれる」といっている。
 修了生の受け入れ(雇用)や問い合わせは、都立高年齢者技術専門校(03−5211−2342)まで

(修了生の紹介は三装協ホームページ・「求職者紹介」でご覧ください。)