2005年 11月11日号 隔月発行
今回の 主 な 記 事
・「労確法事業」の始動
・知事表彰受賞   
第2回 壁装講習会
インテリアに新風

■「労確法事業」の始動 
 愛知県組合カリモク家具で労働環境を調査

 装協が本年度事業として、最重視している「労確法関連事業」が始まった。
 10月31日から11月1日、2日間の日程で同事業の「先進企業見学」を実施した。
 見学先は日装連傘下・愛知県組合と日本有数の家具販売店のカリモク家具など。
 2カ所ではともに、人材確保や労働環境の改善策について貴重な情報を入手でき、得難いアドバイスも受けることもできた。
 視察には野口理事長など組合三役や理事、組合員など多数が参加した。

 知県組合は、技能検定など技能取得事業の取り組みに優れ、これまで高い実績を残している。
 日本有数の組合といえるだけに、たとえば組合員企業の空室を借りて、技能検定用の作業台を常備するなど指導体勢を完備している。
 また、従業員の雇用環境(労働時間、休暇など)には、代休制度や時間調整によって完璧に対応している点が大変参考になった。
 さらに、同組合が行っている教育制度「愛知インテリアアカデミー」は今後の組合事業の道を示す貴重な実例との認識をもつことができた。
  ※愛知インテリアアカデミー : 対象者は愛知県組合構成員の事業所で働く者。インテリア関係基礎学課10教科とインテリア施工の基礎的実技8教科で、インテリア・アカデミーの研修室または適切な訓練施設を使って集合訓練を行っている。2カ年の訓練の修了者は訓練終了後行われる技能検定(二級)の国家試験で学科試験の免除となる。
    
 リモク家具では「箱もの工場」とショールームを見学した。工場では木片の飛散防止に排気ダクトを完備していることや、塗料薬品の臭気も換気装置によって環境衛生面での対応が完璧に整備されている点が、非常に参考になった。
 ショールームでは、家具とインテリアの調和が美しく、室内装飾の重要性を改めて認識することができた。


 

知事表彰受賞

 装協の船戸学副理事長((株)船戸建装代表取締役、あきる野市)が、産業振興功労者として都知事表彰を受けた。
 受賞は、船戸建装経営者としての業績と三装協役員として功績が高く評価されてのもの。三装協関係では6人目の受賞となる。



第2回 壁装講習会 59名が参加
 
 第2回壁装講習会が9月17日、小平市の職業能力開発総合大学校、東京校で行われ、3年の更新と新規の受講者、59名が参加した。
「防火壁装の知識」により、建築基準法、消防法の知識、内装制限、防火壁装標準施工法、シックハウス対策についての講義を受けた。


 


インテリアに新風
 “新製品を開発・ヒット中” まきインテリア工房


  三装協組合員の(有)まきインテリア工房(牧田明代表・府中市)が『琉球しっくいサンゴくん』を開発、新発売した。
琉球漆喰は、古くはサンゴを焼いて粉末状(石灰)にしたものにワラを混ぜて発行させた物。湿気を調節、拡散させ、ダニやカビの発生を抑制するのが
最大の特徴。また、暖かみのある乳白色、、自然素材の醸し出す風合いが上品な個性を表現するため、インテリア素材としても格好な素材となっている。
なお、現在は環境保護のために珊瑚が採取禁止されているため、同社の新製品は石灰を使用している。5kgで畳一枚塗ることが可能。

【『琉球しっくいサンゴくん』の特徴】
◇ホルムアルデヒドうぃ吸着
 漆喰はホルムアルデヒドを科学的に吸着し、分解する。一度吸着したホルムアルデヒドは再度放出されることはない。
◇結露を防止
 漆喰は主成分の消石灰に高い吸湿性能があるため、結露を防止し抑制する効果が高い。
◇防カビ・抗菌作用
 漆喰は主成分の機能によって、カビや細菌の発生、増殖を予防する。
◇不燃性
 漆喰は不燃性で燃える心配はない。

▼名称=琉球しっくいサンゴくん
▼荷姿=5kg入り
▼塗厚=2〜3mm
▼標準塗布面積=0.5坪(畳一枚分)