2006年 1月31日号 隔月発行
今回の 主 な 記 事
新年賀詞交歓会
・壁装技術、ガラスフィルム講習会   
リフォーム市場
改正高年齢者雇用安定法

■ 新年賀詞交歓会 
  景気上昇の波、確認「団結が必要」

 装協は1月24日、新年賀詞交歓会をザ・クレストホテル立川で開き、組合員、賛助会員、来賓等など多数が参加、内装業界に明るさをもたらすのは 「団結の力」であることを改めて確認した。
 挨拶した野口理事長は、三装協が取り組んでいる人材確保推進事業の経過を報告し、また若手人材を育成すること、防炎を通じて社会的貢献について 改めて「宣言」した。
 

 

壁装技術、ガラスフィルム講習会

 装協は1月14日職業能力開発総合大学校・東京校(小平市)で2つの講習会を開催し、それぞれ30名が受講した。
 1つ目は、技能検定・壁装部門の事前講習会。2つ目は、「飛散防止フィルム」の施工がテーマ。同フィルムは地震などに絶対の強みを発揮するフィルムの施工を学ぶ講習会で、防犯にも有用なところからユーザーに関心が高い製品となっている。






リフォーム市場
 
 野経済研究所では、80年代後半より注目して調査を続けてきた住宅リフォーム市場を主要企業調査を中心に、生活者(フォーム経験者)を含めた視点から調査することで、より実態に近い市場動向と今後の展望について当調査を実施した。
 調査結果によると、住宅リフォーム市場は2020年に9兆円規模と推測。
 2004年の住宅リフォーム市場規模は、前年比7.8%減の6兆3千億円、2010年には17.0%増の7兆4千億円、2020年には42.4%増の9兆円と推測している。

 


改正高年齢者雇用安定法


 速な高齢化の進行等に対応し、高年齢者の安定した雇用の確保等を図るため、事業主は、(1)定年の引き上げ、(2)継続雇用制度の導入、(3)定年の定めの廃止--のいずれかの措置を講じなければならないこととなった。
 高年齢の再就職など、就業機会の確保するために改正高年齢者雇用安定法が平成16年6月5日に成立していたが、その施行が4月1日から始まる。 



※ 「三装協ニュース」は、隔月発行しております。ご購読希望の方は、組合事務所までご連絡下さい。